関東運輸局指定工場 第3-1715

レヴォーグ(VN5)フロントグリル交換

今回はフロントグリルを同型式VN5の別グレード(STI)に交換しました。スバル純正品で形状も全く同じであったので部品・作業に問題はありませんでしたが、グリルにはマルチビューカメラ、フロントバンパーには前側方レーダーセンサーが装着されていますのでレーダーセンサーのエーミングとか、カメラの確認(必要に応じてマルチビューモニターガイドラインの調整)を行いました。

グリル交換後:より一層、精悍な顔立ちになりました。ナンバー下部のメッキプレートもお客様のこだわりで装着されているとの事です。
フロントバンパー左右の内側に前側方レーダーセンサーが装着されています。グリル、バンパー組付け後レーダーセンサーのエーミング作業を行います。
いつも通り、整備マニュアルに従いリフレクターを正確に設置しました
汎用スキャンツール(オートバックスオリジナルnano-BT)にて確認・調整を行いエビデンス(作業完了証明書)を発行し、お客様に説明しお渡ししました。
スバル純正診断機でも前側方レーダー(左右)の確認・調整を行っております。
フロントエンブレム下部にマルチビューカメラが装着されています。 グリル、バンパー組付け後マルチビューカメラの確認、調整作業を行います。
フロントビューカメラ脱着前にモニターのガイドラインの位置を記録しておきます。作業後再度ガイドラインの位置を確認してズレがあれば純正診断機を接続し、ガイドラインを前後左右に調整作業を行います下記はスバル純正診断機の画像です。
調整が必要な場合はでガイドラインを上下左右に調整します。
今回は作業前後でズレはございませんでした。

お客様は、弊社のホームページをご覧いただきまして、遠方にもかかわらずご来店下さいました。誠に有難うございます。

SBDチャンネル(YouTube)、車検・鈑金デポのフェイスブック 車検・鈑金デポ(sbd) Facebook も是非ご覧くださいませ。